Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんとなく色とりどりの紙を使いたくて

切り紙で遊んでみた。


2009073101.jpg

普通の折り紙を切ったんだけど、
綺麗な模様ができて楽しい。


2009073102.jpg

お花と一緒に飾ってみた。
色合いも綺麗で楽しい。



こういう、
昔からの子どもの遊びのような作業って、
けっこう楽しいんだね。

そういえば塗り絵も流行ったしね。

ちょっとした癒しになるね。




お気に入りを、たくさん!切り紙だいすき。 (実用BEST BOOKS)お気に入りを、たくさん!切り紙だいすき。 (実用BEST BOOKS)
(2009/01/30)
いしかわ☆ まりこ

商品詳細を見る



スポンサーサイト

その発想はなかった

あんまり時事ネタに触れたくないんだけど
これが書かずにおれようか。
つっこみどころありすぎなんてレベルじゃないんじゃないかしら。

続きを読む

前線

東京東京の空は
雨を含んだ雲が移動中。

2009073001.jpg

ゆっくり動く雲と
すごいスピードで流れていく雲。
その向こうに青空。


2009073002.jpg

スケールの大きい積乱雲。
空気は湿り、ペタペタしています。

すりいど

選挙の話。

ネットの噂とかをみてて思った。

続きを読む

ショッキングピンク

大井町の駅の上には、

ものすごい、



2009072805.jpg



ショッキングピンクの雲が浮かんでいました。




なにこれこわい。



だけどなんだか色っぽくもある。


南瓜


ボクは箱に入っちゃいけないの?

2009072801.jpg

うん。
ごめんね、なぜなら


2009072802.jpg

先客がいるのよ。


2009072803.jpg

でっかいカボチャだニャー。


おいしそうだけど、
切るだけで大変そうだねぇ。


2009072804.jpg

うーん、
よかろう!!!!!!




…なにが?



やつらの足音のバラード


地平線の彼方よりマンモスのにおいとともにやつらがやってきた 
                                  by 『やつらの足音のバラード』





これってさあ

昔から思ってたけど、

すんごくいい曲だよねぇ。



続きを読む

似て非なるもの

この人の漫画だったら、
子供が読んでても、
お母様方が眉をひそめない、
むしろ「りっぱな漫画」だとか言っちゃう
漫画の神様とさえ呼ばれるある人の発言が
深すぎる。



「はっきりいえば  
 ヒューマニストの振りをしていれば儲かるからそうしているだけで、
 経済的な要請がなければやめる。」byウィキ




ああ。
だから
この人の作品が好きなんだよなぁ。

表面だけみるとヒューマニズムにみえるけど、
少し深く潜れば
まったく違う世界が広がっている。

それは、ひたすら
美しくて冷たくて残酷で愛しい、
「生命の尊厳(byウィキ)」の物語。



今の世の中、
耳障りのいい、
聞き分けのいい、
それでいて安っぽいヒューマニズムにあふれてるような気がして、
なんだか
生き難い気がする。




続きを読む

初月




私のお月様、
逆さまのお月様。

続きを読む

ショッピング

「中にお鏡もありますよー。」

鏡をみないで服を買おうと思わないし
鏡を置いてないお洋服屋さんはやだよう。


「ご試着もしていただけますので、どうぞー」

試着もさせてくれないお店はやだよう。


「そちら、スカートになりますー」

そうだねー、スカートだねー。




最近
お洋服屋さんの人のトークが
なんだか気になる。


接客って
難しいよね。



古着屋さんで、
勝手に選んで
勝手に試着して…って買い物の方が
最近なんだか気楽です。




帰りにお菓子を食べました。
カフェ。
おされなカフェ。

2009072103.jpg

パティスリーエカフェア・ラ・カンパーニュってお店。
http://www.atre.co.jp/php-bin/shop/index.php?dir=oimachi&shop=K1040R02_194
白ワインのフルーツゼリー。
美味しゅうございました。




そこに山があるから


「こいつは○○山。」

「ああ、こいつは○○岳だったなぁ。」

「こいつは○○年前に○山で。」


パパさんの学生時代の名簿。
遭難した人が結構多い山岳部。



私はよく、
山の中で迷子になったり、
なにかから逃げ惑う夢を見る。

そんな夢をみた朝は、
ドグラマグラ的な考えをすると、
パパさんの山の記憶が
私にも伝わっているのかもなぁ
なんて思う。



神様とか仏様、イエス様を信じないパパさん。
お化けも幽霊も信じないパパさん。

そんなパパさんが、
以前、
慰霊登山で亡くなった人のニュースを見てたとき、
「…とられたんだなぁ」

ぽつりとつぶやいていたのが印象的だった。


北海道の遭難事故のニュースを見ていて
そんなことを思い出した。
                        



孤高の人
最近、漫画化もされてるようですね。
集団遭難を題材にしたものには
『聖職の碑』や『八甲田山 死の彷徨』などありますが
やっぱり悲惨でやりきれないものがあって…

昔から、
悲惨な事故はたくさんあって、
それでも、
やっぱり人は
山に登り続ける。

それはやっぱり、
「そこに山があるから」なのかしら。


早く 芽を出せ

早く 芽を出せ
柿の種~


じゃなくて


猫草~

2998971901.jpg


イネ科~
イネ科~



小さいころはひとりぽっちで植物図鑑や花図鑑をみて外に出て草花をとって帰ってきて図鑑をみて名前を調べて図鑑にその草をはさんで押し花みたくしてそれをそのまま忘れてボロボロになってしまって(ちゃんとした押し花じゃなくって、本当にただはさんでみてただけの代物)ママさんにおこられて捨てられてでもそのおかげで今ちょこっとだけ植物の名前を知ってるけどイネ科は全部おんなじにみえて全然覚えられなかったなぁなんて思いながら種を蒔いてみた梅雨明け。



リボンをむすんだ

リボンをむすんだ
リボンをむすんだ
むすんだら

2009071501


帰る港がなくなることもなく

ビビという名の猫は
まぁ
ちょっと
フキゲンになる感じです。

2009071502







「リボンをむすんだ…」のフレーズは、こちらの本から。
寺山修司少女詩集 (角川文庫)寺山修司少女詩集 (角川文庫)
(2005/02)
寺山 修司

商品詳細を見る

日本語ってなんて綺麗なんだろうって思う
そんな詩集。

まったり

2009071101.jpg

細かい粒のような雲がいっぱいの空。

涼しくもなくすごく暑くもなく
なんとなくじめっとして
雨も降らず

ぴりっとしない天気です。


2009071102.jpg

我が家の自宅警備員は
今日も見回りに余念がないです。



そんなまったり日曜日。


すごい…!


TVで、『新耳袋』のドラマをやるってママさんが言ったの。
観たいって。
その時間は報道すてしょんが始まる時間で
パパさんは報道すてしょんが見たい言ったんだけど
「あんなつまんないのみてどうするの!」
「きょうのニュースはなんにもなかったよ
 「麻生おろし」「麻生おろし」「解散」「麻生おろし」
 で終わりだよ。
 これだけ見事な予想ができるんだから見たって仕方ないよ、
 時間の無駄だよ」
「あんなのニュースじゃないわよ」
と猛攻撃にあい
しょんぼりチャンネル権を譲ってくれました。


「一緒に見る?」
そうだね、見ようか。
「じゃあ、コーヒー入れて。」
なにが「じゃあ」かは良くわからないけどまぁいいや。


さぁ、
始まるザマスよ。


「あら、これドラマなの」

そうだってば。

「ドラマだと怖くないわよねぇ。」

そうかなぁ。




…こええええええええええええええええ
なんでそっちにまた行くの
それ絶対にフラグじゃん
あああああああ
なんで一人になるんだあああああああ
集団行動しろよ
せめて集団行動しろよ
あああ
やっぱりきた
やっぱりきた
超恐い動きだあ
きたきたきたきた
こわいよおおおおおおおおおおお
いやああああああああ

あああ

ママさん何してるのおおおお


「パタリロ読んでるの。」


ちょっと一緒にみようよおおおおおおおおお
こわいよー
こわいよー
ああ
ほらほら、
またきたよ
こわいいいいいいいいいいい


「恐いからママ見ないわよ。
 恐かったらTV消したら?」



なにそれ。



怪談新耳袋 絶叫編 まえ「すごい顔」 [DVD]怪談新耳袋 絶叫編 まえ「すごい顔」 [DVD]
(2009/07/08)
山下リオ

商品詳細を見る




あのねえ。

新耳のドラマ、
あなどれない。


「恐さ」の演出を良くわかっていらっしゃる。


恐かった。



内容は、
いろんな都市伝説、怪談話をごちゃ混ぜにしたストーリー。
怪異の正体もわからず
理由も不明。
それが尚、恐い。


TOWERの主役

どさくさまぎれに観に行けた。

本当に急だった。

だからラーメンズのサイトとか全然チェックしてなかった。

ネタバレサイトも見ていない。




そして


ネタバレ。

続きを読む

にぎやかな


今日の夕暮れは、七色の夕暮れ。

2009070601.jpg

モチ売りばあさんの話

Y県O市。


始まりは、かなり昔のこと。



続きを読む

なんか違った…


ミルクと混ぜてすぐできるティラミスを作ってみたら
ただのチーズ風味のミルクプリンが出来たでござる orz


腹。


今日は少し陽射しもあって。


やっと日向ぼっこ。

2009070401.jpg
ん~、気持ちいいニャ。


ちょっと角度を変えてみる。

2009070402.jpg
うおお~
すごい生き物がいるぞ~


そしたら

2009070403.jpg
顔がコワくなった…。

それは境界の物語


雅子様が読んだとか、
オバマ大統領が読んだとか。


そんな帯が巻かれた絵本
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1979/01)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る


ちびちゃんが気に入って、
夜、寝る時に読んでたのですが、
背表紙の折り返しのところに姉妹編があるのを見つけて、
次はこれが読みたい、ってリクエスト。

地元の本屋さんには置いてなかった。

それならばと
東京は
八重洲ブックセンター、
丸善にくりだしてみたけど、
みつからない。
おやすみなさいおつきさまだけが平積みされてて
探してる本は置いていない。

結局
注文、取り寄せしました。


ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)
(2001/10)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


最初読んだ時は
…なんじゃこりゃ?って思ったのですが、
ちびちゃんは気に入って、
お泊りにくるたびに何回も読んで、
ひらがなも覚えだして、
彼が初めて読んだ本の一冊になりました。

そして、


「これは、かあくんの、おはし。
 これは、おとうさんの、おはし。」

「これは、かあくんの、ごはん。
 これは、ビビの、ごはん。」



そんな独り言をいうようになりました。


そんなことを
いろいろ口走るのを聞いて、
ああ、
これはすごく良い本なんだなって思いました。




渾然一体だった、自分と、
自分を取り巻く世界。

だんだん自我がはっきりしてくるにつれ、
自分と世界のぼんやりとした境界線は
時間がたつにつれはっきりとしてくる。

もちろん子供達は、
複雑な言葉を使って、
思考を上手く操れません。

触ったら、おこられた。
自分がしたいことを、させてくれない。
自分の思い通りにならないことがいっぱいある。


そんな時、
こどもに、
自分と世界の区別をやさしく教える絵本だな、って
そんなことを思いました。



そういえば、
うさこちゃん(ミッフィー)シリーズもそうだけど、
外国の絵本って、
なんだか、
空気が静まり返ってる印象があります。
なんでだろうなぁ。


うっほっほー


TVを観ていたママさんが一言。



「バブルス君っていうのは
 マイケルジャクソンが飼ってたチンパンジーの名前だったのねぇ。」




そうだよねぇ、
バブルス君っていったら、
界王さまんとこにいるバブルス君だよねぇ。




そんなゆふびび家。


ドラゴンボール (巻18) (ジャンプ・コミックス)ドラゴンボール (巻18) (ジャンプ・コミックス)
(1989/07)
鳥山 明

商品詳細を見る


河豚の季節

何年か前、
パパさんが、
外国のお客様をおもてなし。


高級和食でおもてなし。






お客様の奥さんは、
泣いて止めたんだって。



「だめよ!
 アナタ!
 死んじゃうわよ!!!」



高級料理なのにネー(´・ω・`)



2009070202.jpg
(壇ノ浦古戦場跡を望む)

やっぱり、西洋の方は怖いのかなー、河豚。
美味しいのになー。


2009070203.jpg
(河豚キューピー)


こんな猛毒をもってる魚を食べる日本人は、ヘンなのかしら。
中国でも食べるのかな?

下関の市場で売ってた河豚の加工品は
中国産のものが多かったんだよね。




2009070201.jpg
(山口から荷物が届きました)


中身はしらす干とわかめとひじきでした。



実はビビもフグを食べたことがあります。
家族で
「玄品ふぐ~蒲田の関」に食事に行った時、
ママさんが少しだけ(フグ刺しを3枚くらい)お土産に持って帰った。


2009070204.jpg
(ものすごく美味しかったニャ)

ものすごいいきおいで食べてました。



全然、河豚の季節じゃない時期の河豚の話題でしたー
河豚の季節は(ふぐのとき)ってルビをふって読んでしまうゆふびびでしたー



風邪ぎみニャ。


とんがってるものは、とりあえず興む。

それがビビすけクオリティ。


2009070101.jpg


ちょっと、片目が赤くはれてます。


日照時間が短くて雨降りが続くと、
いつもこうなっちゃうです。


前、獣医さんに診てもらった時は、
体質的に、ちと弱い、白い猫がなりやすいんだよね、
などといわれました。


晴れて、
湿度が下がれば、
2,3日で治ります。


だるくって、
風邪気味。


そんな感じみたいです。




2009070102.jpg

今日は、
ごはんを食べて、
おとなしく、ゆっくりしていようね、ビビ。

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。