Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アスファルトに咲く花のように」


スミレ。


2010032801.jpg



去年植えてたパンジーのこぼれ種から花が咲いたみたい。






健気に、可憐に強いものを見てると、

勇気づけられるような、

嬉しくなるような、

なんだか切なくて涙がでてくるような。








スポンサーサイト

気づいたら

気づいたら

夕方の空の雲がきれいな季節になってきていた。




2010032601.jpg




薄い紫と
青と
藍色
標色
青緑
緑青
灰色




(そして
 硝子に映り込んでいる非常口のランプ…)







ちょっと一息空を見上げる余裕がなくなってたことに

気づいたんだ。








(・◇・)


ああ

なんでみんな



ズルイや



なんで僕だけ





                    by『ソラトバズ』












私の偏見。

続きを読む

羽根つき餃子

今日は蒲田で、
餃子を食べるよー


餃子を焼くときに
小麦粉をといた水をまわしいれて
蒸し焼きにするのかな?


家で試してみたら
小麦粉と間違って片栗粉でやっちゃって
皮がぼよぼよになって大失敗。

料理するときに、
粉・調味料の種類とか、分量とかを
たまに派手に間違えます。



で、
餃子のまわりに羽がついてて、
パリッパリになる焼き方は、
大田区蒲田が元祖だそうで、
あちこちに中華料理屋さんがあります。
今日は、
商店街の中の「ニーハオ」に行きました。



まぁランチメニューなんですけどね。
五目そばに餃子一皿。
さて、
羽がパリパリで熱いところをいただきます!!!




はねつきぎょうざ の こうげき!!!!



ズシャシャッ!!!!!



かいしん の いちげき!!!




はい、
というわけで、
餃子の中のたっぷりの肉汁が
私めがけて飛び出してきました。

顔直撃は免れましたが
今日一日、
常に香ばしい胡麻油の香りを身にまとってました。
誤魔化そうとして香水をつけてみて、
さらにへんなにおいになりました(´;ω;`)




このほかにも、
よく雑誌に掲載されてるお店で
「金春」とか「歓迎」とかに食べに行ったことがあります。
私が一番好きなのは「歓迎」の餃子ですね。
是非
蒲田に立ち寄る機会がありましたら
食べ比べてみるのも一興かも。


楽しむ。


なんにもいいと思えない。


つまんない。


面白くない。


毎日がいやになる。






ぐちぐちぐちと愚痴をひたすら言いたくなるようなご時世、
ちょっと不便で質素で平凡な生活をエンジョイする、
そんな漫画。


聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る



面白いって噂を聞いて
前から気にはなっていたんだけど、
予想以上に面白かったです。




最近、
楽しいことってなんだっけ…?って
そんな感じのメンタリティになりがちで。

どんなことだって、
すごく前向きに楽しもうとすれば
新しい発見に満ちて、
楽しくて面白い毎日を過ごせるのかなぁ、なんて
そんなことを考えたりして。



仏教、キリスト教の豆知識みたいなネタもあちこちにちりばめられてて、面白い。
あ、
主役の二人は
ブッダとキリストですよ。
本人です。
二人はバカンス中だから、
楽しいことも大変なことも
すごく興味深くて面白いみたいです。
そういう漫画です。





へんとうせん

職場のほかの人たちはね、


「インフルエンザ」とか

「気管支炎」とか



そんな病名の「風邪」に見舞われお休み。



でも、
私は、
「風邪」は「風邪」でも



「扁桃腺が腫れて熱が出てますねー
 お子さんはよく扁桃腺はらしますけどねー
 普通の人は、大人になったら
 自然に扁桃腺は退化するんですけども、
 そのままな人も案外多いんですよねー
 ゆふびびさんは典型的な、
 「扁桃腺肥大」ですねー」



子供のころから何回も高熱は出たことがあるけど、
いつもいつも
「へんとうせん」。
何十年たっても、
お熱がでたら、
「へんとうせん」。

逆にインフルエンザにかかった記憶は皆無だったりしますけれども。



だからなんだっていうこともないのですが、
なんか、
いつまでもいつまでも「へんとうせん」でねつがでたーっていうのが
なんかなさけないっていうか
しょんぼりっていうか…



まぁ、
へんとうせんだって、
悪化したらすごい怖い病気みたいだし。



「ある意味、インフルエンザよりも重い風邪ですよ」



ある意味ってなんなんだろう…。





そんな、連休前でした。

 

全然


日本語の乱れとか。




とうとう
パパさんまでが



「日本のサッカー、全然弱いなぁ!!!!!!」



なんて使い方をしてたり。





でも、
間違った使い方でも
それなりに意味がとおってしまう日本語っていうのは
全然凄いなぁ、って思ったりして。






日本人の知らない日本語2日本人の知らない日本語2
(2010/02/19)
蛇蔵海野凪子

商品詳細を見る

猫の写真の展覧会に行ってきました

猫のことならイワゴーさんに聞け!


という本の帯のあおり文句がありましたが


日本橋三越でイワゴーさんの展覧会を開催してるっていうんで


これは是非みにいきたいぞってことで


えっちらおっちらと重い腰をあげて銀座くんだりまで出ていったのですが


あ、


イワゴーさん、っていうのは、


どうみてもポーズをとってもらってるとしか思えないような


猫やその他動物写真で名高い岩合光昭さんのことですが、


混んでるかなぁ~?とは思ったのですが、


いやいや、


ものすごい


人、人、人、人。


猫の写真を見にきたんだか、人を見にきたんだかわかんない、


なんちゅう人気。


あまりじっくり見れなくて、


それでも人の頭の向こう、隙間の奥に見える


大きなパネルの猫の写真は、


猫たちがみんな生き生きとしてて、


一生懸命生きている猫たちの躍動感が伝わってきて、


お散歩してる子、こっちを覗いてる子、おなかを見せてる子、
人と仲良くしてる子、犬と仲良くしてる子、
寝てる子、鳴いてる子、ジャンプしてる子、泳いでる子…


見てるうちに、


涙が出そうになってきて、


みんな楽しそうに見てるのになんで私泣きそうになってるんだ、


変な人になっちゃうよ、


花粉症で目が痛いフリをしてハンカチで目を押さえて、


と、


ああああああ


海ちゃんの写真だぁ


海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫)海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫)
(1996/10)
岩合 光昭岩合 日出子

商品詳細を見る



涙っていうのは不思議なもので、
可哀想なものをみたり、
悲しいことがあったりする時にだけじゃなくて、
よかったね、
楽しかったね、
素敵だね、
幸せだね、
そう思ったときに
なんとなく胸がいっぱいになって、
そして出てくる涙ってものがあって、


このイワゴーさんの写真をみてるとそんな感情を呼び起こされるのですが、
海ちゃんの写真とエッセイは格別に
私のツボをついてくるんですよ


結果


あああ
モウダメダ…


(´;ω;`)ブワッ



泣きべそで写真集を買ってたのは私です。





以前発売された写真集で見た写真もたくさんありましたが、
会場でのパネル展示は
より強く訴えてくるものがあるように思いました。

見に行ってよかった。



ねこねこ
(2010/03/03)
岩合光昭

商品詳細を見る




Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。