Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/1012-dbf249f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜。俳句。


桜咲く 大日本ぞ 日本ぞ


というわけで、
花満開。


今日は本当はYさんと桜の下をお散歩するつもりだったですが、
あっさり
都合が悪くなったって言われて
ひとりぽっちでお散歩してきました。


2009040602.jpg

近くの公園の桜。
三脚で激写してる人がいました。


2009040603.jpg

電線を邪魔とばかりに咲き誇る。


2009040604.jpg

桜の根元には
木に寄り添うかのように
山吹が咲いていました。



そういえば、この、
「桜咲く…」は、意外なあの人の俳句なんです。







元気なサカナはびびびびび
もうひとつ び

これは、『ぼのぼの』のシマリスくんが詠んだハイクですけれどもね。


私は俳句にあまり親しんだことがなくって
メジャーな句しか知らないんですが、
家に『俳聖かるた』というかるたがあって、
芭蕉とか蕪村とか一茶とかの句が使われてて、
いつもブログ名のところに書くサブタイトルで
なにか紹介したいな…と思って、
この季節「桜」を読んだ句はないかな…と探してみたのです。

「花の雲 鐘は上野か 浅草か」

うんうん、これは有名よね。
なんで、これだけの言葉で、
桜の季節の、
ほわっとした空気と温度を感じるのか
俳句って本当に不思議だと思うです。

でも、
もうちょっと
なにか、
マイナーな感じで…


というわけで、

「桜咲く 大日本ぞ 日本ぞ」

をチョイスしたのですが、
(今年の花見シーズンに結果的になんだか
 似つかわしくなっちゃって恐かったの)


「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」
「あの月を 取ってくれろと 泣く子かな」


昔、どこかで教わった、
なんだか日本の長閑な風景を表現した
小林一茶という人は
こんな句も詠んでいるのです。


(パパさんに誰の俳句だと思う?って聞いてみたら
 三島由紀夫って答えた)


いや、
「雀の子…」にしても、
無邪気な風景をそのまま詠んだわけではなくて、
裏の意味があるんだけど、
教科書で読んだ時は、
上っ面の意味しか汲み取れなかったし。


とにかく、
5・7・5の言葉を使って
その表現は無限大、
俳句っていうのはすごいなって
思うな。



びびびびび
そ~
さぁハイクをつくろう

これは『ぼのぼの』でぼのぼのが詠んだハイクなのですが、

買い物してたら
こんな試供品をもらいました。

2009040601.jpg

「RASH」っていう自然な素材で作ってるせっけん専門店の
クレンジング。
結構いい値段のお店だと思うんだけど、
昔行った時にくらべて
子供づれの人たちがすごく多くてビックリしました。
ここのクリームを使ってみたのですが、
すごく肌になじむんですね。
こういう自然のオイルとかって
合う・合わないは試したほうがいいと思いますが、
小さい子にも優しくて良さそうな感じ。
やっぱり今の時代、
こういう商品の底力が目立つなぁ。




桜の季節は、
なんだかいつも忙しくて、
大体、
駅で大泣きしてYさんをびっくりさせてるんですが、
今年もなんだかさびしくてしょんぼりだ。


桜、
来週まで
咲いてるかなぁ…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/1012-dbf249f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。