Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/1089-9d68893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋?


なんとなく
恋の予感がしてきたぞっと。


ころころろころころろ
(2009/07/30)
畠中 恵

商品詳細を見る



しゃばけシリーズの新刊。

ネタばれあります。




ネタばれあります。





この中の『けじあり』。


これって、
ファン迎合じゃないの???


帯の文を読んで、
何事?
何事?
って
本屋さんで買っておうちへ持って帰って読むまで
あれやこれやと
気を揉んでしまったんだけど


佐助が主役の『産土』が
ファンの人気がすごくあることを踏まえた作品だな!!


もうー

読みながらなんだかドキドキしちゃったのですが!!!!


いや、
実際、
仕掛けはしばらくしてわかっちゃったの。

最初からいきなり別の場所へ放り込まれるパターンだなって思ったし、
実はこれ、
『夢幻紳士』に似たような話があったんだよね。

女の無念や嫉妬は
いつの世も
たやすく鬼へと変化する。

しかし!

問題は
佐助から
若旦那と自分の本性をとっちゃうと
めちゃくちゃ優しい人になるってことだったよ!!!!!!!




過去を忘れても
味わった辛さや悲しみや孤独は忘れないから、
満たされた生活の中では
すごく優しいんだね。

佐助は
おたきのことを優しいといったけど、
おたきにそう言える佐助だって
ものすごく優しいよ。



再び若旦那のところに帰ってきたときの
寛朝さんの台詞で、
女だと佐助は手を焼くかも知れないと思ってたけど
案外早く帰ってきたって

そういう重要なところは
さらっと流さないで
もっとくわしく読みたいのですが!!!!!!!!


なんか、
素敵な読み物を読んだよ。
そんな感じだったよ。




今回は、
佐助だけではなく仁吉も、
若旦那のいないところで
ほかの誰かを救う。

いつもは
若旦那オンリーで
ほかのものに一目おかれ、
あるいは恐れられている二人が、
若旦那以外のものに一肌脱ぐという趣向は
なかなか面白い。

そして、
表紙の色のように、
なんとなく桃色の恋のような感情が
散りばめられている感じがする。

でも、
最後の神様の恋の結末は、
やっぱり
悲しい。


このほろ苦さも
このシリーズの醍醐味なんだけども。

それはわかってるんだけど、
やっぱり
悲しい。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/1089-9d68893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。