Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C542]

これ読みましたよ

私、これを読むまで、鬱になる人をかなり毛嫌いしてました。
いつも物事をマイナスに考える人なんだと

周りにも欝症状のある人がいて、その人の扱いずらさに辟易していたりしたので、余計でした

が、この本を読んでその偏見がひっくりかえされたのでびっくりです

プラス思考で、几帳面で、仕事ができる人でもこの病気になるんですよね

というか、誰でもなる可能性のある現代の病気

このご夫婦は本当にすばらしいと思います
最後はツレちゃんが愛しくて・・・

長くなってしまいましたスミマセン 
最後に、河合隼雄先生によると人はみな病んでいて、その症状の出具合とその人の持っている力加減で、病気となる人もいれば芸術家のような誰も表現できないものを生み出せる人もいるのだそうです。
小説など書くことで癒される人も多いそうです。
欝の人は、心を闇を何かに昇華できる、人や出来事にあえるといいなあと思います。簡単ではないでしょうけどね。
  • 2008-01-18 08:10
  • 桃戸千
  • URL
  • 編集

[C545]

>桃戸千様
こんばんは。
コメント遅くなってしまってすみません。
「今日はちょっとウツの気分」なんて言い方を
最近よく耳にしたり自分でも使ったりしてしまいますが、
「病気」としての鬱はそんなもんじゃないことがすごくわかりました。

「人はみんな病んでいる」というのは、
私の物心ついてからのテーマですね。
夢野久作や江戸川乱歩の小説とか
犯罪心理学とか
自殺マニュアルとか
病みきってしまった後の世界を描くものにすごく惹かれてしまうのです。

[C549]

今、鬱って流行ですよね・・・

何でもかんでも鬱に結び付ける
医者、個人、メディア・・・
恐ろしいまでのマインドコントロールを感じます。
ストレスと言う言葉が流行った時に似ている様な気がします。

まぁ、裕福なそして人間にとって
都合の良い社会を造りだしてきた我国の
副産物なんでしょうね・・・きっと・・・・

本当の鬱病の方には申し訳ないと思いますが
軽々しく使われている様な気がしますね。

ストレスが市民権を得、鬱が市民権を得、
次にはどんな言葉が・・・・・・

ぼっけぇきょうてぇ・・・・




  • 2008-01-20 08:35
  • かぜのお~
  • URL
  • 編集

[C553]

>かぜのお~様
ストレス→鬱→○○…。
今現在は、ズバリ、メタボリック症候群でしょう!!!!!
今のやせなきゃ強迫観念はすごいものがあると思います。
女子向けのファッション雑誌だと、
結構前から猛プッシュでしたが、
いまや全世代にそれを浸透させようという勢い…。
鬱もそうですが、
なまじっか本当に「病気」として存在しているから
余計たちが悪いんですよね…。
普通の人まで拒食症などを病む可能性が高くなったり、
体質的に太る人が差別されたり、
実際、太ってしまう病気、ってあるじゃないですか、
そういう人たちがいわれなき迫害を受けたり…。
ひどいことって実は結構おこっているんじゃないかと思います。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/601-601d6751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やんでれ

病んでるって言われた。

病んでるかぁ…。

確かに、うつの本を読んだら、結構自分にあてはまるなぁと思ったりする。

太宰治的?
森田童子的?
それとも、持病のことかしら?
偏頭痛?

確かに、『自殺マニュアル』は愛読書だったりする。

…とかなんとか考えてたら、

「ヤンデレ」って言われてたのを
「病んでる」って聞き間違えてた。


この世には、
色んな語彙があるもんだ。


ちなみに、
読んだうつの本は、コチラです。

ツレがうつになりまして。ツレがうつになりまして。
(2006/03)
細川 貂々

商品詳細を見る


この本を読んでから、
自分の中のうつ傾向が気になって、
うつに良いという
卵や納豆や蜂蜜を食べるようにしてます。

朝、通勤時に辛い電車の人身事故。
ぶーぶー文句を言ってしまうのですが、
これを読むと、
ふらふらっと衝動的に自殺に追いやられる病気であることがわかります。
TVの特集はあまり役にたたない、と作者の貂々さんは言ってます。
周囲の理解が得にくい病気ですね。
このご夫婦は、2人で闘病したんだなぁ。
すごいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

[C542]

これ読みましたよ

私、これを読むまで、鬱になる人をかなり毛嫌いしてました。
いつも物事をマイナスに考える人なんだと

周りにも欝症状のある人がいて、その人の扱いずらさに辟易していたりしたので、余計でした

が、この本を読んでその偏見がひっくりかえされたのでびっくりです

プラス思考で、几帳面で、仕事ができる人でもこの病気になるんですよね

というか、誰でもなる可能性のある現代の病気

このご夫婦は本当にすばらしいと思います
最後はツレちゃんが愛しくて・・・

長くなってしまいましたスミマセン 
最後に、河合隼雄先生によると人はみな病んでいて、その症状の出具合とその人の持っている力加減で、病気となる人もいれば芸術家のような誰も表現できないものを生み出せる人もいるのだそうです。
小説など書くことで癒される人も多いそうです。
欝の人は、心を闇を何かに昇華できる、人や出来事にあえるといいなあと思います。簡単ではないでしょうけどね。
  • 2008-01-18 08:10
  • 桃戸千
  • URL
  • 編集

[C545]

>桃戸千様
こんばんは。
コメント遅くなってしまってすみません。
「今日はちょっとウツの気分」なんて言い方を
最近よく耳にしたり自分でも使ったりしてしまいますが、
「病気」としての鬱はそんなもんじゃないことがすごくわかりました。

「人はみんな病んでいる」というのは、
私の物心ついてからのテーマですね。
夢野久作や江戸川乱歩の小説とか
犯罪心理学とか
自殺マニュアルとか
病みきってしまった後の世界を描くものにすごく惹かれてしまうのです。

[C549]

今、鬱って流行ですよね・・・

何でもかんでも鬱に結び付ける
医者、個人、メディア・・・
恐ろしいまでのマインドコントロールを感じます。
ストレスと言う言葉が流行った時に似ている様な気がします。

まぁ、裕福なそして人間にとって
都合の良い社会を造りだしてきた我国の
副産物なんでしょうね・・・きっと・・・・

本当の鬱病の方には申し訳ないと思いますが
軽々しく使われている様な気がしますね。

ストレスが市民権を得、鬱が市民権を得、
次にはどんな言葉が・・・・・・

ぼっけぇきょうてぇ・・・・




  • 2008-01-20 08:35
  • かぜのお~
  • URL
  • 編集

[C553]

>かぜのお~様
ストレス→鬱→○○…。
今現在は、ズバリ、メタボリック症候群でしょう!!!!!
今のやせなきゃ強迫観念はすごいものがあると思います。
女子向けのファッション雑誌だと、
結構前から猛プッシュでしたが、
いまや全世代にそれを浸透させようという勢い…。
鬱もそうですが、
なまじっか本当に「病気」として存在しているから
余計たちが悪いんですよね…。
普通の人まで拒食症などを病む可能性が高くなったり、
体質的に太る人が差別されたり、
実際、太ってしまう病気、ってあるじゃないですか、
そういう人たちがいわれなき迫害を受けたり…。
ひどいことって実は結構おこっているんじゃないかと思います。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/601-601d6751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。