Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C633]

ひゃー。
私も読者です。伊坂さん、すごく好きです。
才能というかセンスというか、脱帽です。
著書はほぼ全て読んだと思うのですが、映像はひとつも観ていません。
それはそれ、これはこれ。って感じで。
あんまり興味ないんですよね…
金城武かあ・・・・まあ妥当…なの…かな?(笑)
私は『アヒルと鴨のコインロッカー』が好きです。
暖かくて切なくて、そうきたか!感が最高です。
  • 2008-02-17 13:33
  • プー子 さん
  • URL
  • 編集

[C634] はじめまして

ラーメンズ関係のサイトさんを
まわっていて立ち寄りましたm(_)m
南朋さんのカテゴリーもあるし、
伊坂さんのお話も出ていたのでびっくり!
どれも大好きで、自分のところでも
熱く語ってしまってます(^^;
またお邪魔させて頂いてもよろしいですか?

[C636]

コメントありがとうございます。


>プー子さん様
私は逆に、伊坂さんの小説を読むきっかけが映像でした。
『チルドレン』の南朋さんを観て、ドラマ単体としてもなかなか面白く出来てたので、小説も読んでみよう、と…。
今回は、題名に惹かれました。
書店では、映画の予告編を一緒に紹介してたんですよ。
読みやすくって、スピード感があって、
だけど「人間」もちゃんと描けていて、
この人は、小説を書くのがすごく好きなんだなぁ、と思います。
文体に、なんだか愛情が溢れている気がするんです。



>ふう様
こんばんは。
コメントありがとうございます!!
ラーメンズ・南朋さんともに、
ちょっと今燃料不足で記事が少なくなってます。
せっかく来ていただいたのに、新しい情報を紹介できなくてスミマセン。
『symmetrys』も、やっと今日入手したです…。
おもいつくまま好き勝手に書いておりますので、
またよろしければお立ち寄りください。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/640-89719893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACCURACY OF DEATH

本読むくらいしかない一週間でしたのでね。


ACCURACY=正確さ, 的確さ, 精密さ, 精度。
OF=…の。
DEATH=死。死神。



死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



あっという間に読んでしまいました。

伊坂 幸太郎の小説は、他にチルドレンしか読んでないのですが、
この人の人間描写は
多角的であり、
故に
冷徹である気がするのです。

故に、「死神」との相性が抜群な気がするのです。
文庫本の沼野さんという方の解説が非常に秀逸で、
この作品世界を的確に言い表しています。
「異化」効果。
この言葉は初めて聞いた言葉なのですが、
今まで存在していたものを、
視点とデコレーションを替えることにより、
見慣れない、新鮮なものに魅せる。
そんな印象を持ちました。

あと七日でその人の生きる時間が終わる、
残酷なようで、
でも当たり前なこと。
でも、そのまま全編を読み進めていった時、
今まで読んできた「死」ではなく、「生」のやりきれなさを知る。
まだ終わっていない時間の
美しさと
残酷さを
突きつけられる。
「そこに横たわる、はるかな歳月。」(あとがきより)

短編集のくくりの作品ですが、
全てのストーリーを読んで、
初めて
生と死とを深く思う。

いい本が読めました。


来月映画化なんですね。
頭の中のキャスティングは、死神=金城武になってしまいました。
金城武さんといえば、
私的には、明智左馬助さんでおなじみですね。
『鬼武者3』では、鉄球をブンブン振り回す奴X3に
ボッコボコにやられてしまい、
その先に進めませんでした。

スポンサーサイト

コメント

[C633]

ひゃー。
私も読者です。伊坂さん、すごく好きです。
才能というかセンスというか、脱帽です。
著書はほぼ全て読んだと思うのですが、映像はひとつも観ていません。
それはそれ、これはこれ。って感じで。
あんまり興味ないんですよね…
金城武かあ・・・・まあ妥当…なの…かな?(笑)
私は『アヒルと鴨のコインロッカー』が好きです。
暖かくて切なくて、そうきたか!感が最高です。
  • 2008-02-17 13:33
  • プー子 さん
  • URL
  • 編集

[C634] はじめまして

ラーメンズ関係のサイトさんを
まわっていて立ち寄りましたm(_)m
南朋さんのカテゴリーもあるし、
伊坂さんのお話も出ていたのでびっくり!
どれも大好きで、自分のところでも
熱く語ってしまってます(^^;
またお邪魔させて頂いてもよろしいですか?

[C636]

コメントありがとうございます。


>プー子さん様
私は逆に、伊坂さんの小説を読むきっかけが映像でした。
『チルドレン』の南朋さんを観て、ドラマ単体としてもなかなか面白く出来てたので、小説も読んでみよう、と…。
今回は、題名に惹かれました。
書店では、映画の予告編を一緒に紹介してたんですよ。
読みやすくって、スピード感があって、
だけど「人間」もちゃんと描けていて、
この人は、小説を書くのがすごく好きなんだなぁ、と思います。
文体に、なんだか愛情が溢れている気がするんです。



>ふう様
こんばんは。
コメントありがとうございます!!
ラーメンズ・南朋さんともに、
ちょっと今燃料不足で記事が少なくなってます。
せっかく来ていただいたのに、新しい情報を紹介できなくてスミマセン。
『symmetrys』も、やっと今日入手したです…。
おもいつくまま好き勝手に書いておりますので、
またよろしければお立ち寄りください。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/640-89719893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。