Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C766]

うーん。私もあのオープニングには唸りました。
小島さん、本当に尊敬しています。
あれだけの強い色彩をと色数をまとめるのは、
「センス」しかないです。
あんまり「センス」とか「才能」とかいう
言葉は好きじゃないんですが、
こればっかりは「センスの鋭さ」だと思いました。
  • 2008-04-06 20:17
  • プー子さん
  • URL
  • 編集

[C768]

>プー子さん様
何回も何回もリピートして観ました。
あのイメージを小林賢太郎関係で使う機会を
待ってたのかもしれません。
そういえば、『ちりとてちん』のオープニングは
『日本の形』シリーズを思い出しました。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/691-c8ccc88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

総天然色豪華絢爛開始映像


オープニング画像の感想です。



Rahmens presents 『GOLDEN BALLS LIVE』 NAMIKIBASHI Satellite mixRahmens presents 『GOLDEN BALLS LIVE』 NAMIKIBASHI Satellite mix
(2008/03/19)
ラーメンズ

商品詳細を見る





ラーメンズを観るようになって、
1人の映像ディレクターの名前を知る。

小島淳二さん。

公式ページを見てみたら、どこかでみた覚えのある
CMやPV映像の紹介があります。
なるほど、こういう映像を創ってるんだなぁ。

カウントダウンTVで、
西洋画をモチーフにしたラルクのすごいPVをチラッと見たことがあった。
あれも小島さんだったんだ。

ああいう映像はラーメンズでは使えないだろうな。
そんなことを思ったです。



ところで、
賢太郎さんの作品の世界観って、
シンプルで無機質なイメージがある。

ラーメンズ本公演の舞台と衣装。
『鼻兎』。
ポツネンも基調の色は白と黒。
NAMIKIBASHI作品も、
余計な装飾を極力剥ぎ取っている印象がある。


しかし、この『GBL』。
オープニングを飾ったのは、
あの、西洋画のイメージを使ったアニメーションだった。


いつものラーメンズ、
いつもの小林賢太郎作品では、
『GBL』のオープニング映像は使わないだろうな…。
いつものラーメンズにはあり得ない、ド派手な映像。


お祭り騒ぎのオープニングとして
違和感無く豪華な映像を楽しむ。

そう、
あんなに派手なオープニング映像でも
違和感が無い。


だって、
舞台が派手だもの!!
舞台のデザインが仁さんなんだもの!!
あの舞台装置を一目みたとたん、
異様な怪物の内臓に入り込んでしまうような、
異世界に迷い込んだような、
そんな不思議な濃い世界。

『GBL』の生舞台で観た人の記事とか感想は
(ネタバレを恐れるあまり)読んだことがないですが、
ホールの扉を開けたとたん、
舞台の空気はそこにいる者を飲み込んでしまったのではないでしょうか。
仁さんの創るものって、
いろいろと「強い」気がします。


いつもは、
公演の内容やコント作品の種類で
それぞれの舞台の個性化を図っている。

でも、この『GBL』は、
なんでもアリアリの舞台として
不思議と他の公演にはない個性を持つ。

それは、
舞台イメージをひたすらアクの強い仁さんの美術にすることで
実現しているのだろう。

この美術だけで
一つの作品になっちゃってるというか。
この賑やかな舞台だからこそ
アイデアの欠片も作品化できたのではないかと
そんなことを思ったのです。


そして、
この舞台の幕開けには
舞台美術に負けない豪華な映像がぴったりとはまる。
ジグソーパズルのピースみたいに。


小島さんの映像って、なんだか目にすごく楽しい。
もっと深く覗き込みたい時に、
画面はもう次の映像に瞬間的に切り替わってしまう。
脳裏に焼きつく直前の映像。
次々に流れ込んでくる新しい映像。
目眩く。
薔薇も散る。
彼らは手に手に器や調理道具を持っている。
これから観るものは
彼らにもてなされるのだ。

ワクワクするねー。
ドキドキするねー。

本当にカッコいいオープニング映像です。




特に前髪を降ろした久ヶ沢さんがカッコよろしゅうございます。
ニヤッと笑うのかなと思いきや凄く真面目な顔の賢太郎さんも素敵です。
皆、派手にお洒落してるように見えるのに、
唯一映像に「普通に」溶け込んでいて、
あんまり派手に見えない仁さんも良い感じです。
スポンサーサイト

コメント

[C766]

うーん。私もあのオープニングには唸りました。
小島さん、本当に尊敬しています。
あれだけの強い色彩をと色数をまとめるのは、
「センス」しかないです。
あんまり「センス」とか「才能」とかいう
言葉は好きじゃないんですが、
こればっかりは「センスの鋭さ」だと思いました。
  • 2008-04-06 20:17
  • プー子さん
  • URL
  • 編集

[C768]

>プー子さん様
何回も何回もリピートして観ました。
あのイメージを小林賢太郎関係で使う機会を
待ってたのかもしれません。
そういえば、『ちりとてちん』のオープニングは
『日本の形』シリーズを思い出しました。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/691-c8ccc88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。