Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C869]

午後の最初の公判廷では、
裁判長以外の裁判官が寝てしまうことは珍しくありません・・・。
さすがに裁判長が寝たらヤバイです。


>裁判員制度の意図とメリット

 やる側もわかってないです。
ただ、ワタシ的には、あんまりみんなが判決に文句ばっかつけるんで
「じゃーてめーらやってみろよー」
とゆーのがあるんじゃないかと・・・。

[C870]

>白片吟K氏様
裁判を行う人たちにとっては、
それが日常ですからね。
油断しちゃう気持ちは分かるのです。
でも、
許さんぞ! 

>裁判員制度の意図とメリット
最近は酷い事件には相応の判決が出て、
人間の判断力がそこに入ってる手ごたえがありますが、以前は前例だけで裁く判決が多かった記憶があります。
コンクリート事件とか…。
そのあたりから始まった話なのかなぁ、とは思います。
あの頃は、「いっそ俺達にやらせろ!!」という意見が多かった。
だけど、いざ制度として整えてみると
現在の社会の実情にまったくそぐわない制度です。徴兵制に絡めて考える人が多いのも頷けます。役人だけが無い知恵絞って考えてもろくな事にならない…。
なんだか大失敗に終わりそうです。

[C871]

裁判員制度は、国民とか裁判に関わる現場とかの「下から」の声から生まれたものではなく、
司法制度改革の一環として政策的に、
つまり「上から」の指示で出来たものです。
制度の目的は、国民に刑事裁判制度に親しんでもらう、くらいのことしか
みんな言えていません。
親しんでもらうだけなら、別に強制参加させなくても良いだろうにと思いますが。

制度制定の裏側の経緯はよくわかりませんが、
あっちこっちの団体やら勢力やらが
あーだこーだ怒鳴り合った結果、こーゆー、
みんなが平等に不満を持つ地点で落ち着いちゃったみたいです。

ちなみにワタシ個人としては、
裁判官の裁判と裁判員の裁判を被告人が選べる
選択制にするのが良いんじゃないか
という考えです。

[C872]

>白片吟K氏様
やっぱり裁判員制度の目的はなんだかハッキリしないんですね…。
なんだか気持ち悪いです。

この制度の導入が決まってから、
世論とか、
ネットの討論とかコメントとか、
世間話とか、
深刻な事件の話をしてる時、
今までみたいな他人事ではなくて、
もしかしたら裁判に自分が参加するかもしれない、という意識は芽生えているように感じます。
それは悪いことじゃないと思います。
だけど、
本っっっっ当に「強制」というのが気に食わない。
全国民の監視と管理がどんどん強まってるようで、気に食わないです。
誰かが何かを企んでそうなイヤーンな気配を感じてしまって気に食わないです。

重大事件の被告の人は、
その時自分で裁判のタイプを選ぶ判断力がありますかね…。
今回判決の出た妹さんを殺した事件などは、
裁判員制度だと、もっと厳しい判決がでるのかも…。
あんなぐちゃぐちゃで、精神鑑定の難しい事件は珍しいかもしれないですが…。

正直、
今はマスコミとか世論の風潮で、
事件の犯人像も勝手に作り上げられることがあるから、
深刻な精神病の人とか、
冤罪の人を、
私達が処刑台に送ってしまうのじゃないかと
空恐ろしいです。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/745-14d5fa5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔女狩り疑惑

ちょっとヘンな話をします。



18歳未満ダメよ。











ものすごくヘンな話を
思いつくまま。















別に火が恐いわけじゃなくて、
焚き火とかも小さい頃いっぱいしてたぐらいだけど、

「火あぶり」が凄く恐い。

『ねじの回転』でそんなくだりがあって、恐い。
地元に鈴が森処刑場跡地があって、恐い。
(海の近くなんだよ。
 水がいっぱいあるから火事の心配がないからじゃないよ。
 吹く海風で、煙が散らされて、
 処刑される人が窒息死できないから海の近くなんだよ。)
想像するだけで、恐い。

恐い恐い恐い。


『早すぎた埋葬』を読んで、
私が死んだら、
とにかく心臓をザクザク刺してから焼き場に持ってってね、
などと周囲の人間に事あるごとに言って
嫌がられてマス。


人によって違うと思うんですよね。
水死が恐い人もいれば
窒息が凄く恐い人もいる。
刃物が恐い人もいる。
(たまに周りの人にリサーチしたりする私です)



でも、
私は、
火が一番恐い。



スピリチュアルな人の意見。



「ああ、それ、 前世魔女狩り確定。」


確定っすか…。



ちなみに、
ハーブも結構好き。
ミント、レモングラス、ローズ、タイム、ローズマリー、
ラベンダー、カモミール、ホーステール、ステビア、etc…。
自分で調合してハーブティーを飲みます。



「ああ、それ、 前世魔女狩り確定。」

「ハーブ好きな人は絶対前世魔女狩りにあってる。」


そ、そうでつか…。



いや、刃物だって恐いけどね。
昔、斬られるのと首をくくられるのと
どっちを選ぶか?なんて予備校の先生が皆に聞いて、
女子一人だけ首括りを選んだから
珍しがられた。

だって、
よっぽど腕が良くないと、
斬るのに失敗したら嫌だもん、
って思ったんだよ。

その時、
山田浅右衛門の話をしてたのかな?
山田浅右衛門を継ぐために、何人かが修行をするんだけど、
そのうちの1人が継ぐことに決まると、
他の候補者は、
腕を傷つけられて、
外に出されたそう。
身に着けた技は、
山田浅右衛門しか使っちゃいけないから、
二度と刀を持てない様に。


これが処刑に関わる覚悟。



裁判員制度で、
裁きというものが軽く扱われるようにならなきゃいいけれど。

でも、
裁判官がストーカーで捕まったりするんでしょ?
しかも、桶川のストーカー裁判を担当したことあったんでしょ?
居眠りしてたらしい。
この人の感覚だと、
裁判になるほどの事件とは思えなかったのかしらね。
色恋沙汰の延長なんでしょー、
みたいな意識だったのかしらね。
私にはこの人を裁く権利もないし、
そういう人がこの世にはどうしても存在してるということも
仕方ないとは思う。
人間の頭の中まで法の規制は届かないからね。
だけど地獄に落ちればいいとは思っちゃったよ。
知らない人だけどね。


地獄の閻魔様は、
1日3回、
焼けた銅を口に流し込まれるんだって。
人を裁いて、
地獄へ落とすことも、
罪だから。


それは裁きに纏わる真実。



私は
しがないハケンでねー、
お給料をありがたく貰って、
お家でごはん食べて、
皆で仲良く楽しく幸せに過ごしたいなー、っていうのが
一番の望みです。


人を裁く覚悟もなければ
裁きの真実も関係ない生活を営んでます。


人を裁く資格って、
すごく勉強して、それを身につけた頭の良い人が持ってるじゃん。
私達は、
働いて稼いだお金の中から
その人たちを信じてその仕事を委託してるんでしょう?
なんで無知なる我らが裁判員としてそこにまた加わるの?
国民全員が凶悪犯に死刑を望む、という状況が生まれそうで、
国家を挙げての私刑みたいな形になっちゃう事件が出てきそうで恐い。

その人を殺していいのは、
本当は
神様と
その人に殺された人の家族だけだと思う。

だけど、
社会の枠組みを守るために、
裁判官が生死を判断してもいいことに決めているんであって。
そんな重い仕事を引き受けていただいてるから、
彼らの給料は高額なんだと思ってたんだけどね。


裁判員制度の意図とメリットは
全然解りません。
スポンサーサイト

コメント

[C869]

午後の最初の公判廷では、
裁判長以外の裁判官が寝てしまうことは珍しくありません・・・。
さすがに裁判長が寝たらヤバイです。


>裁判員制度の意図とメリット

 やる側もわかってないです。
ただ、ワタシ的には、あんまりみんなが判決に文句ばっかつけるんで
「じゃーてめーらやってみろよー」
とゆーのがあるんじゃないかと・・・。

[C870]

>白片吟K氏様
裁判を行う人たちにとっては、
それが日常ですからね。
油断しちゃう気持ちは分かるのです。
でも、
許さんぞ! 

>裁判員制度の意図とメリット
最近は酷い事件には相応の判決が出て、
人間の判断力がそこに入ってる手ごたえがありますが、以前は前例だけで裁く判決が多かった記憶があります。
コンクリート事件とか…。
そのあたりから始まった話なのかなぁ、とは思います。
あの頃は、「いっそ俺達にやらせろ!!」という意見が多かった。
だけど、いざ制度として整えてみると
現在の社会の実情にまったくそぐわない制度です。徴兵制に絡めて考える人が多いのも頷けます。役人だけが無い知恵絞って考えてもろくな事にならない…。
なんだか大失敗に終わりそうです。

[C871]

裁判員制度は、国民とか裁判に関わる現場とかの「下から」の声から生まれたものではなく、
司法制度改革の一環として政策的に、
つまり「上から」の指示で出来たものです。
制度の目的は、国民に刑事裁判制度に親しんでもらう、くらいのことしか
みんな言えていません。
親しんでもらうだけなら、別に強制参加させなくても良いだろうにと思いますが。

制度制定の裏側の経緯はよくわかりませんが、
あっちこっちの団体やら勢力やらが
あーだこーだ怒鳴り合った結果、こーゆー、
みんなが平等に不満を持つ地点で落ち着いちゃったみたいです。

ちなみにワタシ個人としては、
裁判官の裁判と裁判員の裁判を被告人が選べる
選択制にするのが良いんじゃないか
という考えです。

[C872]

>白片吟K氏様
やっぱり裁判員制度の目的はなんだかハッキリしないんですね…。
なんだか気持ち悪いです。

この制度の導入が決まってから、
世論とか、
ネットの討論とかコメントとか、
世間話とか、
深刻な事件の話をしてる時、
今までみたいな他人事ではなくて、
もしかしたら裁判に自分が参加するかもしれない、という意識は芽生えているように感じます。
それは悪いことじゃないと思います。
だけど、
本っっっっ当に「強制」というのが気に食わない。
全国民の監視と管理がどんどん強まってるようで、気に食わないです。
誰かが何かを企んでそうなイヤーンな気配を感じてしまって気に食わないです。

重大事件の被告の人は、
その時自分で裁判のタイプを選ぶ判断力がありますかね…。
今回判決の出た妹さんを殺した事件などは、
裁判員制度だと、もっと厳しい判決がでるのかも…。
あんなぐちゃぐちゃで、精神鑑定の難しい事件は珍しいかもしれないですが…。

正直、
今はマスコミとか世論の風潮で、
事件の犯人像も勝手に作り上げられることがあるから、
深刻な精神病の人とか、
冤罪の人を、
私達が処刑台に送ってしまうのじゃないかと
空恐ろしいです。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/745-14d5fa5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。