Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/924-5f733e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミクロとマクロと巨大な魚

最近、
慌しいニュース、
悲惨な事件、
憤る状況、
不透明な未来、
そんな情報に日々溺れながら
思うことがある。

新井素子さんの小説が結構好きなんだけど、
『宇宙魚顛末記』の中のくだりを
最近、妙に思い出す。


以下、
小説の内容に触れます。

『グリーンレクイエム』に収録。
グリーン・レクイエム (講談社文庫)グリーン・レクイエム (講談社文庫)
(1983/10)
新井 素子

商品詳細を見る


『宇宙魚顛末記』。


天使さんと悪魔さんが登場するのです。

彼らは、地球を舞台にゲームをしてます。

人間という種を繁栄させたり、滅ぼしたりしようとするゲーム。

神と悪魔は、古来より、様々な人間と契約してきました。

人間が願う「願い」により、人間という種の栄枯盛衰を決めさせるために。

人間というのは、エゴに満ちた性質をもってます。

したがって、願い事というのは、自分の身近なものに関わるものになることが多い。

治らない病気―例えば、誰かのガンを治してほしいという願い。

この契約は、あくまで個人的レベルにとどまるものなので、
彼らにとってはあまりいい契約ではないのです。

でも、そんな幸運を自分だけが与えられるのは、不公平である。

そう考える人は、ゲームの状況を大きく動かすコマとなる。

そう、ガンの特効薬を作りたい、という願い。

天使がかなえてくれる願い事。

かと思いきや、

これは、悪魔がかなえる願い事。

なぜならば、

人間を繁栄させたい側は、
常に地球上というゲーム盤に、
バランスよく人間という種を生かしておきたい。
しかし、
際限なく一つの種が増えるとなると、
飢餓などが発生し、
一気に人間が減少する可能性がある。
なので、
不治の病というものは、
人間を必要以上に増やさないための
神側が持つ重要なカード。
悪魔としては、
全人類の平和や安穏を願う人間に付け入る隙を是非狙いたい、
世界のために悪魔に都合の良い方向に願わせる、
それが悪魔の腕前の見せ所。



新井素子さんの独特な文章は、
一度読むとその癖がなんとなく移ってしまい、
子供の文章力が落ちると嫌ってた国語の先生がいましたが、
この人の真骨頂は
その文体ではなく、
冷徹な真理に基づく奇抜なSFのアイデアに尽きると思う。



電波の情報の速さ、
インターネットの普及。

私達は、
おのおのが、
「グローバルな視点」で物を考え、感じるようになっている。

逆に、
1人の悲劇を、
自分のことのように感じ、
それを繰り返さないために世の中を変えなければ、という使命感が生まれたりする。

ミクロとマクロが、
TVを見たりインターネットを見たりすることで、
混同しているように思うのです。

自己・自意識の肥大化。
家の中にいるだけで感じる万能感。

インドのテロに脅え、
タイの空港占拠に驚き、
ベネチアの水害に憂い、
国籍法問題に憤り、
ジンバブエのコレラに哀しみを覚え、
でも、その瞬間、
昨日と同じ日常からそんな非日常の出来事を眺めている。

そんな自分に気づいたうえで、
色んなことを考えなければ、
あまり意味はないのかな。
そこから一歩踏み出せる人は幸いであるかな。

あまりにそういうことに無自覚なままだと
宇宙空間に突如出現する巨大な魚に
地球ごと食べられるハメになるんじゃないかと思う今日このごろなのです。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/924-5f733e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。