Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/979-88ed1d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫よ 子ネコ。ココ。ネコ。子ネコ

ずっとボクのヒザで一日中眠っててもいいけど
ボクに嘘はつかないでよ
ボクにだけはホントを
話してよ

原マスミ『猫へ』




飼っていた猫が死んだ時、
その時初めて、
その猫が完全に自分のものになったという
そんな感情を持ったそうです。

この人の歌う「愛」は、
他の曲を聴いてても、
確かにそんな残酷さを伴う強烈な所有欲と崇高さを感じる。

元々、「愛」っていう言葉は、
英語の「LOVE」と同義じゃなくて、
この人の歌うように、恐ろしいものなんじゃないかと思う。


シングルズ&コレクションズシングルズ&コレクションズ
(2008/06/25)
原マスミ

商品詳細を見る

『猫よ』。
宇宙を巡る星たちのように、
高速で動き回る楽器の音が、
ものすごく耳に心地よい。

かすれた声で、
淡々と、
詩を朗読するように歌われる。

だけど、
猫が可愛くて可愛くて仕方がないことが
なんだか
ものすごく解る。

そして、
膝の上の猫は、
いつのまにか女性の姿へと変化しているよう。

その語らいは、
いつか、
睦み語のようになり。

猫への語りかけなので、
他の曲よりも、
愛情表現が激しいですが、
聴き方によっては
やはり女性に対しての賛美のような、
他の曲と同じテーマが歌われているのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/979-88ed1d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。