Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/991-13793eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

或るサイドストーリー


主役でなかったあの人は、どんなことを考えてたんだろう。

物語は、あくまで主役の目線だけど、
違う立場からみたらまったく違う物語が流れてるんじゃないかしら。

主役でなかったあの人の、
物語ではなんだか悪役ぽかったあの人の、
本当の気持ちはもしかしたら違ったかもしれないよね。

なんだかもっと知りたかったことが中途半端だった気がするな。
もうちょっと読んでみたいな…。





すみません。
サイドストーリーものとして読んでしまいました。


月を吐く (集英社文庫)月を吐く (集英社文庫)
(2003/11)
諸田 玲子

商品詳細を見る



山岡荘八の『徳川家康』は、
この前読了したのですが、
やっぱり凄い小説だったのです。

世界にもあまり類を見ない、300年間も平和な時代の基礎を作り上げた人物。

その人生は波乱万丈。
でも、
あの激動の時代、
そこに生きていた人たちは、みな波乱万丈ゆえに、
家康だけでなく、
他の武将、家臣などの目線からも描かれ、
彼ら自身も魅力的な人物である説明もされ、
読み応えのあるスペクタクル巨編になってるのですが、

ちょっと、それは、
あんまりじゃないかな…

っていう描写をされてた人もいたのです。


この人の、もうちょっと違う話が読みたいな…。


この、『月を吐く』は、
家康の正室でありながら、
殺害された悲劇の女性・築山殿を描いた小説です。

「山岡荘八の築山殿」は、なんだかあまりに、
それってどうよ…?っていう
これでもかっていう悪女の描写で、
いくらなんでも今川義元の姪っ子さんが、
そこまで酷い女性ってのは…?って思ってた時、
書く時代が昔であればあるほど筆の冴える諸田玲子さんが
彼女を主役に作品を書いてることを知って
読みました。


本能寺の変の前あたりまでの歴史を頭に入れておいたほうが
面白く読めますが、
(基本的には、山岡荘八の『徳川家康』の流れと同じですね)

歴史小説でありながら、

嫁・姑戦争

がテーマとなっており、

恋愛(純愛)小説

でもあります。


戦国の世、
男性にとっても大変な、きつい時代だったはずですが、
女性にとっても簡単に悲劇が生まれる時代だったわけで、
なかでも築山殿は自分の実家や故郷がなくなってしまったうえ、
息子共々殺されてしまうという悲劇に見舞われた女性だったわけで、
そんな中、
こんな救いのあるラストがあってもいいじゃないか。


ビルの谷間から吐き出される月を眺め
遠い時代をしのびたくなる、
「美しい」小説でした。



蛇足ですが





動画サイトで
戦国時代のあたりの面白動画を見てたらね、
ニコニコ動画でね、
『組曲 今川氏真』ってのがあってね、
その中に瀬名姫がでてきてね、
そこで使われてた曲が、よく知らないんだけど、
『ひぐらしのなく頃に』っていうゲームの中の?
『You』って曲でね、
この小説のラストそのままの雰囲気でね、
この曲を聴きながら読んだ日にゃ
なんだか号泣のラストでしたわ
ではノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yufubibi.blog80.fc2.com/tb.php/991-13793eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ゆふびびだった

Author:ゆふびびだった
猫。ラーメンズ。音楽。本。
そんなことをいろいろと。

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

地味に参加中です。よろしくです。

こっそり参加中です。よろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。